各種予防接種

予防接種の重要性

ペットを怖い病気から守るのも飼い主としての役割です。

動物はヒトと同様、病原体に対する免疫を持っていますが、未知の病原体に対しては準備をしておく必要があります。毒素を無効化した、あるいは弱めた病原体(ワクチン)を事前に体に入れておくことで、病原体が体に入ってきても、発症を抑えたり、症状を軽減することができるのです。発症すると治すことが難しい病気や犬や猫特有の病気がありますので、何のワクチンが必要なのかをしっかりと把握しておきましょう。

特に感染に注意が必要な病気

・犬ジステンパー

飛沫や接触感染で発症し、発熱、下痢、または痙攣や麻痺といった神経症状などが起こります。致死率が約9割と非常に高く、治ったとしても後遺症に悩まされるとても怖い病気です。

 

・犬パルボウイルス
犬同士の接触や靴や服などヒトを経由して感染することもある、伝染性・死亡率がともに高い病気です。ひどく血液の混じっている下痢や嘔吐といった症状の腸炎型がよくあるケースですが、子犬がかかれば突然死につながる心筋炎型もあります。

 

・レプトスピラ
保菌者であるネズミの尿によって、水源や食物が汚染されることにより、犬はもとよりヒトにも感染する人獣共通感染症です。細菌が感染すれば、歯ぐきの出血や黄疸が出たり、高熱、嘔吐、下痢といった症状が現れるなど、腎臓や肝臓が犯され命にかかわる恐ろしい病気です。

・猫白血病ウイルス
唾液、尿、血液、母乳、胎盤を介して伝播します。感染してから発症するまでの期間が長く、その間は見かけ上健康そうに見えますが、一旦発症してしまうと治すことが難しい病気です。

ワクチンの接種時期

犬・猫のワクチン接種期間は1年に1回がベストですが、子犬、子猫の場合は2~3回の接種が必要ですので、必ず期間を確認して確実に予防しましょう。子犬の場合は、生後授乳により母犬から抗体を受け継ぎます。その抗体の効果がなくなる生後30~40日くらいに1回目の予防接種を打つことをお勧めします。子猫の場合も生後2~3ヶ月に最初の予防接種を行なっておくのがよいでしょう。

各種内容

・単体ワクチン

犬にとって特に怖いパルボウイルス用に、単体ワクチンを用意しています。こちらはブリーダー専用となりますので、必要があれば獣医師にご相談ください。

・5種混合ワクチン

犬ジスデンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型感染症、犬パラインフルエンザウイルス、犬パルボウイルスが予防できる混合ワクチンです。

・8種混合ワクチン

5種ワクチンに、犬コロナウイルス、犬レプトスピラ(黄疸出血型)、犬レプトスピラ(カニコーラ型)が加わった混合ワクチンです。

・3種混合ワクチン

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症を予防できるワクチンです。

・猫白血病ウイルスワクチン

猫白血球ウイルス感染症を予防するワクチンです。特に外出することが多い猫は感染する確率が高くなりますので、こちらのワクチンできちんと予防しておきましょう。

・5種混合ワクチン

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫白血球ウイルス感染症、クラミジア感染症を予防するワクチンです。

犬猫共通

・ノミ・ダニ予防
ノミやマダニが寄生すると、痒みや貧血、他の病原体に感染する恐れがあります。ヒトにも感染することがありますので、ペットと飼い主様の健康のためにも適切な予防をお勧めします。また、マダニを媒介とするバベシア原虫が原因となるバベシア症にかかると、貧血を起こしたり、ときには命を落とす可能性もあります。一旦治療で症状が落ち着いても、完治することがなくとても怖い病気ですので、早めに予防しておきましょう。

犬の場合は食べるタイプ(チュアブル、錠剤)とつけるタイプがあります。猫はつけるタイプしかありませんが、お腹の虫も一緒に駆除できるタイプなど複数あります。

 

・フィラリア予防
蚊を媒介とする寄生虫がフィラリアです。フィラリアに感染すると、食欲が減りいつもの元気な状態ではなくなってきます。次第に痩せて貧血状態が続くようになり、循環不全や腹水貯留がみられ、肝臓や腎臓に影響を及ぼした末、死に至る恐ろしい病気です。しかし、きちんと予防しておけば100%防ぐことができます。当院では、蚊の活動期間である4~12月まで、9ヶ月間の予防をお勧めしています。薬はお肉のような食感のチュアブルと、錠剤をご用意しております。また混合ワクチンのように、1年間予防できる注射もございます。

白木原動物病院 電話番号:0947-42-1006
tel_bn_spimg.jpg
お悩み・症状別 15頭収容可能なペットホテル完備 これからペットを飼う方へ 診療時間 アクセス 白木原動物病院コラム 求人案内