去勢、避妊、各種手術

去勢・避妊手術は、大きな病気の予防にもつながる大切な治療です

去勢・避妊手術は、望まれない赤ちゃんが生み出されることを防止することを目的としています。しかしそれだけではなく、その子自身が病気になるのを防ぐという目的もあります。子どもを産ませる予定がないのであればすべき治療です。オスは精巣を摘出(去勢手術)、メスは卵巣、子宮を摘出(避妊手術)します。以下に手術による、効果(メリット)をご説明します。

去勢

去勢のメリット

(犬の場合)
・望まない交配による妊娠を回避することができる
・性格が穏やかになりケンカをしにくくなる
・性ホルモンが関連した疾患を予防できる
 精巣腫瘍、前立腺肥大症、会陰ヘルニアなど

(猫の場合)
・望まない交配による妊娠を回避することができる
・性格が穏やかになりケンカをしにくくなる
・縄張りを示すマーキング行為(尿スプレー)などをしなくなる

去勢の時期

(犬の場合)
・最初の発情期(生後約半年)頃に行なうのが理想的


(猫の場合)
・最初の発情期(生後約6ヶ月~1年)頃に行なうのが理想的

 

避妊

避妊のメリット

(犬の場合)
・望まない交配による妊娠を回避することができる
・性格が穏やかになりケンカをしにくくなる
・性ホルモンが関連した疾患を予防できる
 乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、卵巣腫瘍など

(猫の場合)
・望まない交配による妊娠を回避することができる
・性的なストレスからくる問題行動(必要以上に鳴くなど)をしなくなる

避妊の時期

(犬の場合)
・最初の発情期(生後約半年)頃に行なうのが理想的


(猫の場合)
・最初の発情期(生後約6ヶ月~1年)頃に行なうのが理想的

 

ペットの発育状況、年齢等も考慮して手術を行っております。

飼い主様、ペット共に最適な時期に手術を行えるよう心がけておりますので

お気軽にご相談ください。

手術の際に気を付けていること

手術を行なう際に気をつけていることは、「最小限の負担で手術を行なう」ことです。切開箇所を最小限にして、小さく目立たない傷跡にすることで、術後の「痛々しさ」を軽減します。手術時間が長ければ長いほどペットへの負担が増加しますので、できる限り最短の時間で的確に処置することを心がけています。その際、「他に病気やケガなどがないか」「見落としているところがないか」という点にも細心の注意を払っています。

白木原動物病院 電話番号:0947-42-1006
tel_bn_spimg.jpg
お悩み・症状別 15頭収容可能なペットホテル完備 これからペットを飼う方へ 診療時間 アクセス 白木原動物病院コラム 求人案内