歯科治療

ペットの負担にならない治療と予防法をご提案します

人間と同じように、犬や猫にも口腔内のトラブルがあります。むしろ歯磨きをしない子が多いので、人間よりもトラブルは多いと思われます。よく遭遇するのは歯石と歯周病です。当院では、歯石除去や抜歯などの治療の他、予防歯科や家庭で実践できるブラッシング指導にも力を入れています。ペットがいつまでも健康な歯でいられるようサポートいたします。

歯周病の危険性

お歳を重ねた犬と猫に多く見られる病気が歯周病です。唾液や食物が歯に蓄積し、歯垢(プラーク)となり、そのまま放置しておくと歯石となって歯肉炎を引き起こします。痛みを感じるようになり、ひどい場合には目の下あたりに膿がたまったり、歯が抜け落ちてしまうこともあります。また、歯石は菌の塊なので、血液を介して感染症にかかるケースもあり、心臓、肝臓、腎臓といった重要な臓器に影響を及ぼす可能性があるので、とても注意が必要な病気です。

ペットの口腔内をチェックして、治療が必要な箇所を確認します。その後、飼い主に口腔内の状況を説明し、必要な治療を行なっていきます。まずは、治療の負担がかからないように全身麻酔を行ないます。そして、スケーリング(歯石除去)を行ない、場合によっては抜歯をします。歯根が見えていたり、ぐらついている歯は残しておく方が悪いからです。このように口腔内をキレイにし、治療を行っていきます。

定期健診

歯は表面だけでなく、歯周ポケットなどの見えない箇所にも歯石がたまります。そうした歯石を放っておくと歯が抜け落ちて、どんどん歯がなくなってしまうことにもなりかねません。定期的に歯のメンテナンスをして、確実に歯石を除去しましょう。

ブラッシング指導

当院では、ブラッシング指導を行ない、ご家庭でも簡単にできるケアの方法をご案内しています。ペットは口の中に異物が入ってくることを嫌がりますので、まずは指にガーゼを巻いて撫でながら歯をキレイにしていき、慣れれば専用の歯ブラシを使った歯磨きをしていくといった具合に、そのペットに合った指導法を段階的に行なっていきます。お気軽にご相談ください。

白木原動物病院 電話番号:0947-42-1006
tel_bn_spimg.jpg
お悩み・症状別 15頭収容可能なペットホテル完備 これからペットを飼う方へ 診療時間 アクセス 白木原動物病院コラム 求人案内